瞑想狂の日々の徒然

瞑想を通じて進化していくアラサー男子をお届け

500+ Guided Meditations 75%オフキャンペーン

メルマガでこんなの来てました。

f:id:sunoharu:20210627203550j:image

有料レッスンのとこが75%オフになるみたいです。

 

200日継続してやってますが、有料プラン試す必要性を未だ感じていません。

 

普通の瞑想に飽きたら(来ない気がする…)

こういうキャンペーン利用して試してレビューしてみようかと思います。

60分間瞑想してみた

することなかったので半跏座、ディヤーナムドラで60分間呼吸瞑想してみました。

 

 

f:id:sunoharu:20210613203957j:image


f:id:sunoharu:20210613204002p:image

 

60分のうち70%calmだったので、42分位は出来てたようです。

 

始める前は心理的に「なっが」と思ってましたが、はじめてしまえばマインドフルになれるので、そんな考えは消えていくということに気づけました。

 

脚の痺れに耐えきれず40分くらいのとこで1回脚は崩してしまいました。

気にしたら負けだと思って10分位耐えたのですが駄目でした。くやしい。

 

痛みとか痒みとか考え出すと余計考えてしまうので、痛みを感じつつも思考には入れずしのいでいたんですが、駄目でした。

 

今は枕を座布がわりにしてるので、ちゃんとした座布買おうかなぁと考えさせられました。

 

基本長くても30分なので、1時間は達成感とスッキリ感がいつもよりあり、例えるならキルアがイルミの針を抜いた時の感覚ってこんな感じだったのかなーと妄想しています。

1時間瞑想してこんな事を考えてるなんて瞑想ってホント素晴らしいですよね。←

 

それにしても結局瞑想って何分がベストなんですかね。論文とか読んで勉強していきたいと思います。

精進します。

Muse 瞑想の種類について

MUSEでは大きく分けて5種類の瞑想を体験できます。

 

下記瞑想を行う画面になりますが中央部に6つのアイコンがあります。

左から「Mind Maditation」、「Heart Maditation」、「Body Maditation」、「Breath Maditation」、「Guided Maditation」、「Timer」となっています。

 

f:id:sunoharu:20210530103425p:image

 

 

 

1.Mind Meditation

f:id:sunoharu:20210530103425p:image

 

museで動画等を見ていると皆さん一番よくやっているのがこの「Mind Meditation」

 です。脳波が乱れると雨の音が大きくなり、安定すると小鳥がさえづっているのを見た方も多いのではないでしょうか。

Soundscapeで音を選び、ExerciseではどのようにMuseを使って瞑想体験をしていけばよいのかガイダンスが受けれます。どのような点を意識すればよいのかガイダンスしてくれるので使い始めの最初には重宝するかと思います。

 

音は7種類の中から選ぶことが出来、どれも自然音がベースとなっており非常に瞑想に入りやすい音が選ばれていると思います。

 

個人的には朝はCityPark(公園)の音で夜はCamp Fireで行うのが時間帯の雰囲気に入っており気に入っております。

f:id:sunoharu:20210530110753j:image

 

2.Heart Maditation

f:id:sunoharu:20210530103439p:image

 

以降基本的な使い方は「Mind Meditation」の項目と同じですが

ラッキングが脳波以外の点に特にフィーチャーしフィードバックしてくれるメニューになります。この「Heart Maditation」では心拍変動を主にチェックしてくれます。

f:id:sunoharu:20210530113021p:image 

3.Body Maditation

f:id:sunoharu:20210530103610p:image

 こちらは姿勢が体のリラクゼーションにどう関係するかを理解するためのメニューになっており、体の揺らぎに応じて音が大きくなり姿勢の乱れをフィードバックしてくれるのを感じながら行う瞑想です。

 

 

f:id:sunoharu:20210530113812p:image

4.Breath Maditation

f:id:sunoharu:20210530103536p:image

こちらは呼吸に焦点をあてた瞑想です。何種類かの呼吸方法がありますが、例えばBoxBreathですと「4秒吸って、4秒息を止めて、4秒吐く」の繰り返しを行います。このリズムから外れると音で知らせてくれるので、終始集中して瞑想できると思います。

 

 

f:id:sunoharu:20210530113822p:image

個人的にはこのメニューで瞑想を行った時が一番マインドフルになれます。

 

5.Guided Maditation
f:id:sunoharu:20210530103600p:image

 

 このメニューでは音声ガイド付きの瞑想ができます。

この中で有料のものもありますが、とりあえず無料のものありますし、期間限定で有料ガイドが無料になったりしてますのでそれで試してみればいいと思います。僕もそのうち物足らなくなったら有料のものを購入しレビューしていきたいと思います。

慈悲の瞑想の方法等も聞けたりしますが、なんせ英語なのでリスニング苦手な方には難しいと思います。

 

6.Timer

f:id:sunoharu:20210530103550p:image

 

最後は単純なタイマー機能のメニューです。

1.の「Mind Meditation」と同じsoundscapeの中から音を選び瞑想する仕様となっています。

こちらはヘッドバンド無しの状態で使えますので、通勤途中の電車などでも使えます(もちろん脳波は測れません。)。

画面をロックしてしまうと止まってしまいますが、瞑想してる時間の記録に使えます。

 

Museでは色々な瞑想を体験できるので飽きることなく、継続させやすい点も長所になると思います。気になった方はぜひ試してみてください!

45分間瞑想してみた

今日は今までで最長の45分間の瞑想をやってみました。

 

f:id:sunoharu:20210515111008p:image

f:id:sunoharu:20210515111003p:image

「こんな長い間やるの初めてなんだよなー」、「30分で脚痺れてるのに大丈夫かなー」とか

考えてしまいcalmな状態は65%約30分という結果でした。

 

初めて30分やった時は最後5分くらい地獄だったんですが、それで慣れてたのか意外と最後まで集中出来、脚の痺れ等に囚われて脳波乱れるっていうことはありませんでした。

もちろん中盤痺れを感じてるとこはあったんですが、それはそれと執着しないで瞑想出来たかと思います。

何故か座禅後の脚の痺れは30分やる時より少なかったです。

 

瞑想って何分がベストなの問題あるので、今後本や論文と個人の体験ベースで調べてみます!

脳波測定器 museについて

さて、MUSEについてですが、有名な瞑想アプリとしてはHEADSPACEやCALM、MEDITOPIAなどがありますが、MUSEもその一つという位置づけになるかと思います。

Headspace: Meditation & Sleep
Headspace: Meditation & Sleep
開発元:Headspace Inc.
無料
posted withアプリーチ
Calm - 瞑想・安眠・リラクゼーション
Calm - 瞑想・安眠・リラクゼーション
開発元:Calm.com
無料
posted withアプリーチ
Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠
Meditopia: 瞑想、マインドフルネス、睡眠
開発元:Meditopia
無料
posted withアプリーチ

 

これらに共通してますがマインドフルネス系のアプリはガイダンスに従って

瞑想を行い「この感覚か!?」という感じをつかむのにはよいと思いますが、なんせ感覚なので正しいかわからない、やっていても実はマインドフルネスになれていないという状況が発生してたりします。

 

その点museはヘッドバンドを装着し脳波を測定してくれるので、フィードバックをすぐに受けれるので上記の悩みが解決されます。

 

museはInteraXon INcというカナダの企業が開発した脳波測定器です。

物はたしかフィンランドとかから発送されてた記憶がありますが。(^^;

 

 脳波測定系は他にもいろいろありますが、

他のものについては今後調査し記事にしていきたいと思います。

www.independent.co.uk

 

とまぁそのうちの一つがMUSEなんですが、こちらアプリのトップ画面です。

 

f:id:sunoharu:20210515102151j:image

①部分 の数字「current」は瞑想を通算で何日行ってきたか、「longest」は何日連続で行っているかが記載されています(画面上共に136)。

習慣を作るためには継続することよりも途切れないようにすることが重要ですが(habit chain)、この数字が表示されていることによって「途切れたらもったいない」という気持ちが働きmuseを毎日続けることが出来ています。

 

muse sは瞑想と睡眠時の脳波トラッキングを行えますが②部分では各パートごとの時間が表示されています(画像は瞑想に関する画面)。

僕の場合1日30分を目安に瞑想しているのですが、そちらの履歴が表示されています。

棒グラフ内、緑の部分が「calm」脳波が安定しマインドフルでいられた時間、白部分はそうでなかった部分を表しています。

 

③部分は瞑想のトータルスタッツ(統計)が表示され④部分では自分で設定した目標時間や、アプリが用意しているチャレンジ内容の進捗が表示されるなどゲーミフィケーション化されている部分の進捗を確認できる部分となっています。

 

細かい部分の説明は次回以降記載していきたいと思います。

マインドフルネスの市場規模について

日本ではまだマイナーな瞑想ですが、世界規模で見ますとマインドフルネス市場は非常に大きく、下記記事によると2027年度までに世界のマインドフルネスアプリ市場規模は$42億610万、かなりざっくり日本円換算5000億近くなっていくんですかね。

www.researchandmarkets.com
www.businesswire.com

 

5000億っていったら日本国内におけるアウトドア市場と同じくらいですね。

https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2217

 

 サブスク型のアプリはもちろん、museのような脳波計など瞑想のフィードバックを行うデバイス、それに実際に体験をおこなう寺や、そのほか瞑想×○○のような掛け合わせを行うところが出てくるのではないかと。現段階で瞑想×サウナとかありますし。

 

なんか相性いいものあるかなーと考えてみたんですが、極論落ち着けるものは何でもあうんじゃないですかね。笑

 

瞑想×カフェ、音楽、アウトドア、アロマなどなど

 

ちょっと世俗的なアイデアしか出なかったので、もうちょっと瞑想に励むようにします。(^^;

 

あとは単純に瞑想の講師的な枠もあり得るんかなと。現状その枠お坊さんが独占してますけど(←言い方。笑)

瞑想正しく行えますと精神的に落ち着くようになるんで、今後スポーツ、子供の部活とかでも取り入れるのが普通になっていくんじゃないかと。10~20年先だとは思いますが。(^^;

 

個人的には禅文化がある日本人にはなじみやすいだろうから日本においても今後非常に伸びていく市場だろうと考えています。

 

今後の市場の広がりも楽しみに瞑想に励んでいきたいと思います。

 

瞑想の効果爆上げ 脳波測定器 Museについて

前回の記事にも書いたんですが、瞑想を3年間続けてまして。ここ4ヶ月はmuseという脳波測定器を使って瞑想しています。

 

 

瞑想ってやり方あってんのけ問題あるじゃないですか?(唐突な茨城弁)

 

たぶんこの記事を読んでくださってる皆さんは瞑想に興味を持っている方で試されている方も多いと思うんですが、

 

「これ、やり方あってんの・・・?」

「瞑想できてるかわかんないし、瞑想の効果もいまいちわからない・・・」

 

って感じてる方多いと思うんですよね。

 

僕も思ってました。

 

これ買うまではとりあえずよくいわれる「呼吸に集中する」という方法でやってはいたんですが、いまいちわかんなかったんですよね。

 

「この感覚のことなのかなー」ってのはあったんですが、なんせ感覚なんで正解なのかわからない。とりあえずやってる感じでした。

 

で、これフィードバックしてくれるいいデバイスとかないんかな~と探していたら出てきたのがこれです。

 

Youtubeで「meditation device」とかで調べてたら出てきて、外国の方がレビューしてるのを見たのが最初の出会いだったと思います。笑

 

日本のAmazonでは上の方にリンク貼っている型のMuse2 ってのしかないんですが、調べてみるとMuse Sってのが出てまして。

 

Muse S: Brain Sensing Headband - Technology Enhanced Meditation

 

 

SはSleepのSで睡眠の質も測定できるという。

 

こんなの睡眠の質もこだわる族の僕としては買うしかないじゃないですか。

 

公式サイトから買いましたよね$299.99。送料$25.00併せて$324.99。実際の支払金額はこちらに荷物受取時に関税乗りまして4万円ぐらいだったと記憶しています。

 

今見ますと$350なんで$50値上がりしてますね。

(※2021年5月1日追記↓割引セールしてました

 

www.meditationman.net

 

)

 

(ちなみに買うか迷ってカートに入れて買わないでいたら10%値引きのプロモコードのメールがきました。押しの一手。こんな方法あるのかと外国企業のセールステクに驚きました。結局そのメール見る前に購入しちゃってたんで使えなかったんですが、もし買おうとしている方いらっしゃったら試してみてもいいかもですね)

 

で、使ってみるとこれがいいのなんのって。

 

この機械リアルタイムで脳波を測定してくれ(EEG)、瞑想できているか音で知らせてくれます。
(https://choosemuse.com/what-it-measures/)

 

マインドフルな状態のときには、鳥がさえづり、集中できていない場合には雨などの自然音が強くなり、気が散っていることを知らせてくれます。

 

文面では、「はいはいそうなのね」と思っているかと思いますが、実際試してみるとその精度が凄くて。少し他のことを考えると、てきめんに音が変化するので気が散っていることに気づかさせてくれます。 

おかげで想像以上に自分の気がそれていることに気づかされました。

 

僕、結構神経質なんで試験のときとか他の音を気にしてしまって試験に集中できなかったり、部活でも失敗を気にしすぎて体が硬くなってさらにプレーでミスをしたりってのがあったんですが、これをやってからはミスはミスだし、気にしてもしょうがない。いまここに集中してベストを尽くすっていう感覚がすごい掴めたように思います。

 

学生時代にこれに出会いたかったなー。

  

値段的には高いと思う方もいるかもしれませんが、素晴らしい投資だと思うんですよね。個人的にはここ数年で一番良い買いもの(「人生で」かもしれません。)したと思っているので、この機械いろんな人に使ってもらいたいなーと思うんですよね。

 

ただ、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、現状英語しか対応していません。

操作は直感的にできるので分かれば英語できなくてもなんとなく使えはすると思いますが、英語での説明部分もありますので英語が苦手な場合には何いってるのかわからず、それがストレスになるかもしれません(フィードバックの音が暴風雨状態になるかもしれません・・・。笑)。

 

まぁ説明わかんなくてもフィードバック受けれるだけで十分価値あるんじゃないかなーと思っているんですが、もう少し使い方とか詳しいことは今後書いていこうとおもいます。